ブログ

思いがけない入院は神様がくれたチャンスだった。

5日前の月曜日のこと。
喉に違和感をおぼえながら仕事を終え、マッチングアプリで会った人と恵比寿へ鉄板焼きを食べに行った。

鉄板焼き

死ぬほど退屈な3時間を過ごして深夜に自宅に帰ると、喉の違和感は大きな痛みに変わっていた。

思いがけない入院

翌日、案の定発熱して喉の痛みは更に増したが、祝日なので医療機関は受診できない。Amazonプライムナウでお粥やゼリーを頼んだが、喉が痛すぎて食べる気にもならない。なんとか、家にあったオーエスワン500mlを飲んだけど、熱が下がる気配もない。

結局、水曜日に会社を休み、近くの耳鼻科を受診した。

「いつもの咽頭炎(喉風邪)かなぁ。それかB型インフルかな」

昨年かかったA型インフルエンザのような全身倦怠感や悪寒はなく、自己診断では喉風邪が有力だった。

何度か受診している耳鼻科のクリニックでは、どんな症状か、何時頃から起こったか、食事は摂れているかなど、お決まりの質問をされる。
いつもと違うのは、喉が痛すぎて飲み物が飲めないし、食欲もないことだ。

それを聞いた先生は「それはまずいね」と、急に細長い物を取り出した。
私が苦手な内視鏡である……(泣)

ギュっと目をつぶって硬直する私を無視して、鼻からどんどんソレを入れると、先生が一言。

「舌根浮腫があるから大学病院で診てもらった方がいいよ。1週間くらい入院してきて。」

えっ……?
ロキソニンとトランサミンを貰って帰るつもりでいたのに。そんなまさか。
何でも、その場所に浮腫(腫れ)があると、気道を閉塞して窒息する可能性があるそうな。

「またまたぁ。そんな大袈裟な(心の声)」
半信半疑の私をよそに「紹介状書きますね」と言って、先生は私を診察室から追い出した。

仕方がないので、一度家に帰ってシャワーを浴び、最低限の支度をする。
人間、予想外のことを言われると急に冷静になるものだ。
このときは逆に喉の痛みも熱も気にならなかった。もはや、受診しなくてもいいのでは……と再び半信半疑になりつつ、タクシーで大学病院へ向かった。

そこで診てくれたのは、若い先生だった。
他に付け加えることがあるとすれば、イケメンである。

イケメンに再び鼻に長細い物を入れられる。

「ああ、だいぶ腫れてますね。息苦しくないですか? 気道が閉塞すると呼吸ができなくなるし、食事摂れてなくて脱水になるので入院した方がいいですね。」

全然苦しくないけど(心の声)

先生たちがそんなに言うならと、大人しく入院することにした。

入院中でも収入が増えた理由

入院して、点滴をしたら熱はすぐ下がった。
少し動けるようになったので、方々へ連絡を入れた。

会社の上司に長期休暇届けの提出を依頼したり、メルカリの発送遅延連絡したり、PR記事の期限を伸ばして貰ったり、依頼を受けていたブログセミナーをキャンセルしたり。
色々な方々に迷惑をかけてしまったし、報酬の入金も先延ばしに。

そんなときでも、別のある報酬が発生した。
アフィリエイト報酬である。

3〜10ヶ月前に書いた記事から、アフィリエイト報酬が発生していた。

入院後3日で3件、合計12225円だった。点滴を打って寝てる間に。

ストックビジネスは最強

PCとネットがあればどこでも記事書ける

今まで色々な副業をやったけれど、今回の件で、アフィリエイトを始めて良かったと改めて思った。

なぜなら、アフィリエイトは最強のストックビジネスだからだ。

ストックビジネスとは、新たに契約を結んだり、常に自分が稼働しなくても継続的に収益が得られる事業を指す。個人が行うストックビジネスと言えば、不動産投資や株が一般的である。

ただ普通のOLがそれをやるのは難しい。
資金を貯める必要があるし、リスクが大きい。(その分リターンも大きい)

アフィリエイトもストックビジネスである。
一度書いた記事はネット上に蓄積され、24時間365日インターネットで公開され、自分が労働を続けなくても、記事から購入されれば報酬が入ってくる。

さらに株やマンション投資と違って、サーバー代とドメイン代(月々1500円前後)の費用でブログを始めることができ、リスクはほぼない。ハイリターンではないが、継続すれば徐々に成果は出る。

因みに、ストックビジネスの対比で、購入に応じて一時的に売り上げが立つものをフロービジネスという。正社員・アルバイトとして働くこともこれに該当する。働いている時間と労働力を、雇用者に売っているので、働かなければ収入はない。

今回のことで、自分が働けない間も収入が入るのは凄いことだと実感した。急な入院で失ってしまった有休8日と入院費10万円。

でも変わりに働き方について、今後自分がやりたいこと、大切にしたいことについて考えるすごく有意義な時間を貰った。

この入院は神様がくれたチャンスだった。

*****

追伸
外来で診てくれた先生が「僕が病棟にいるときはなるべく僕が診ますね」と言って、主治医じゃないのにほぼ毎日診察してくれる。

「上向いてくださいね」と言って、喉を診るときに顎クイをしかけてくる。
もしかして、もしかしてだけど……。

これもまたチャンスかもしれない……!

さくら

ABOUT ME
アラサーOLさくら
アラサーOLさくら
製薬会社MRから内勤OLに。好きなことを仕事にしたいと副業を始めたけれど、どれも続かず芽が出ず。飽きっぽい自分を責めるのをやめて、「飽き性=才能」と捉えてから人生が好転。書くのが好きなことに気がつき、ブロガー&ライターでしてます。こちらのサイトでは、ブスから美人と呼ばれるまでにがんばった美容やダイエットのこと、仕事や恋愛・結婚観について情報発信中。