さくらのこと

二重整形したいけど怖いという方へ【結論カウンセリング行くべし】

こんにちは、さくらです。

この記事は『二重になりたいけど整形は怖い』『カウンセリングに行くのも怖い』という方に向けて、少しでも不安を取り除ければと思って書いています。

 

なぜならば、カウンセリングに行かないと悩む時間が無駄になるからです。

 

きっと二重整形に興味をもった時点で色々調べたと思います。

 

プチ整形と呼ばれ、切らずに二重にできる埋没とか、埋没にも色々種類があるとか、どこの病院の誰先生がいいとか。

 

きっと、理想の二重もあると思います。

 

佐々木希さんのような平行型とか、新垣結衣さんのような末広型がいいとか。

 

でも!

 

どんなに自分の頭の中でシュミレーションしても、理想の二重にするために適切な術式は、カウンセリングを受けないとわかりません。

 

実際に私もカウンセリングを受けるまで1年間迷い、(手術するぞという)意を決してカウンセリングを受けたら想定外のことを言われ、また悩むことになってしまいました。

 

ちょうど今日の話です。

良かったら最後まで読んでみてください。

 

二重

二重整形したいけど怖いという方へ【私の体験談】

私は典型的な一重で、20年間アイプチを使っています。

 

一重のせいで目つき悪く見え、怒ってないのに「怒ってる?」と聞かれる小学生時代を過ごしました。

 

中学の時に、初めてアイプチが発売されると周りのおしゃれ女子が使うようになりました。でも、

 

「あいつアイプチ使ってるwww」

「どうせアイプチでしょwwx」

 

そんな風にからかう同級生がいて、学校にしていく勇気はありませんでした。

 

家でこっそりやってみようと思ったけど、アイプチを買うところを同級生にみられるのも怖くて、車で30分の隣町のドラッグストアで買いました。

 

ドキドキしながら使ってみて、二重になった自分を鏡で見たら、初めて自分を「可愛い」って思えました。

 

意を決して学校にもして行ったら案の定、

 

「さくらアイプチした?」

 

と聞かれました。

(ほっといてくれ…泣)

 

しかし、他の人の目より自分の目が大事と、開き直ることにしました。

 

「うん、アイプチしてる!」

 

そこから私とアイプチの長い付き合いが始まりました。

 

朝、ベースメイクを整えたらアイプチをする。

でも、目が浮腫んでいると全然二重にならないときもある。

 

ノリにまつ毛がひっつくこともしょっちゅうだし、はみ出したノリが乾燥してアイシャドウが浮いて見えることもしばしば。

 

時間が経つとのりがはがれて、一重と二重の中間の眠そうな目になることもある。

 

それでも私はアイプチと付き合い続けました。

 

巷で噂に聞く「アイプチしてたら二重になった!」現象は私に起こることはありませんでした。

埋没を決意するまでの葛藤

鏡を見たとき、写真を撮るとき、アイプチが決まってないとどこか自信が持てない。

 

一重だって綺麗な人はいます。

 

「一重を生かしたメイクに変えたらどうだろう?ありのままの自分を受け入れなきゃ!」

 

そんな風に思って家でアイプチをしないでいることもあったけど、やっぱりアイプチしてる自分の方が好き。

 

それなら、綺麗な二重になれるように整形しようかなと考え始めたのが1年前でした。

 

埋没なら切らないし、元に戻せるし、整形のうちにも入らない。メイク(アイプチ)の延長じゃん!

 

そう思って体験した方のブログや口コミを調べていました。しかし、調べれば調べるほど怖くなりました。

 

「えっこんなに腫れるの?」

「えっこんなに高いの?」

「まぶたひっくり返すの?」

((((;゚Д゚)))))))

 

怖すぎてカウンセリングにも申し込めませんでした。

 

しかし、偶然見つけたある美容外科医のYouTubeで、埋没手術の流れが公開されている動画を見つけました。その動画をきっかけに「知らない恐怖」が薄れて、カウンセリングに行ってみようという気になったのです。

(あと知り合いから埋没受けたと聞いたのも大きかった)

 

「やっぱり二重になりたいし、この先生なら安心できそう!」

 

そう思ってその先生のカウンセリングを受けて来ました。

 

そしたらなんと想定外の事態に…

想定外の提案にガクブル

指名したその先生は予想以上にサバサバしていて、説明も早口でした。

 

心の準備が整う前に理想の二重幅の確認や、いつものアイプチラインの確認をサクサク話を進めていきます。

 

そしてやっとのの思いで埋没を受けようと思った私に一言

 

「切っちゃった方がいいよ。」

(you切っちゃいなよ!くらいの調子に聞こえた)

 

理由は、蒙古襞です。

 

アジア人は目頭のところにある蒙古襞が厚い人が多く、若く見える反面、目が突っ張ったり、重たく見えるそうです。

 

私の場合も蒙古襞が厚く、下瞼にシワが入るくらい引っ張られているので、埋没でやっても取れてしまう可能性があるそう。

 

目頭切開をした方がいいし、どうせ切るなら切開法の方が取れないので良いのではという話でした。

 

わーん!!蒙古襞のばかーーー(泣)

 

でもYouTubeをみて、もしかして蒙古襞あるかもとは思っていたんです。

 

でも蒙古襞あっても埋没でやってる方もいたのでてっきりできるかと。

 

実際、目頭切開をしないでも埋没できるそうですが、幅を今やってるアイプチの幅より狭くした方がいいと言われました。

 

それなら整形する意味あんまない…

 

念のため切開のカウンセリングも受けますかと聞かれたので、ここまで来たらという気持ちで受けさせてもらうことに。

イケメンDr登場!

切開法の場合は、切開専門の他の先生に変わると言われ、男性医師に変わりました。

 

これがまたなかなかの……イケメン!!

 

そして切開法の説明や、メリットデメリットをとても丁寧に紹介してくれました。

(正直こちらの先生の方が好感持てた)

 

「目頭を切るとこうなって、目頭付近の二重ラインも綺麗に見えますよ。大人っぽさと、丸みのある可愛らしい雰囲気が出せますよ。」

 

確かに目頭を切ったシュミレーションでは、隠れていた目頭付近の二重ラインが綺麗に見えた。

 

しかし、埋没すら1年も迷ってたのに、切開と言われてもすぐには覚悟が決まらない。

(いくらイケメンでも!)

 

目頭切開+埋没という手段もあるのですが、どちらにせよ希望の二重を実現するには切開が必要そうです。

 

そして切開でも埋没でもお値段は同じ。

切ってしまったら元には戻せない。

そこまでの覚悟はまだ決まってない…。

 

少し考えますと言って、今日は帰ってきました。

カウンセリングを受けた感想

実際に受けてみて思ったのは「早く受ければよかった!!」という一言に付きます。

 

理由は冒頭に書いたとおりです。いくらネットで調べて自分でシュミレーションしても、その人の目によってできることとできないことがあるからです。

 

迷っているならまずカウンセリングを受けて、自分の理想の目を実現できる術式を知って、それから悩んだ方がいいと思いました。

 

私は1年悩んでやっとカウンセリングを受けたのに、想定外の術式提案に、再び迷うことになりました。

(一人シュミレーションはまじで意味ない)

 

因みに私が行ったのは湘南美容外科クリニックですが、カウンセリングは無料ですし、強引な勧誘は一切なく「考えてみてやりたくなったらお電話くださいね(終了)」でした。

 

湘南美容外科クリニックのカウンセリング予約はこちら

 

もし私のようにカウンセリング怖いと思っている方がいたら、勇気をだして受けてみることをお勧めします。

 

悩むのはそれからで大丈夫です!

その方が時間が無駄になりません。

 

私はどうするか迷い中ですが、決まったらご報告できればと思います。

 

さくら

ABOUT ME
アラサーOLさくら
アラサーOLさくら
製薬会社MRから内勤OLに。好きなことを仕事にしたいと副業を始めたけれど、どれも続かず芽が出ず。飽きっぽい自分を責めるのをやめて、「飽き性=才能」と捉えてから人生が好転。書くのが好きなことに気がつき、ブロガー&ライターでしてます。こちらのサイトでは、ブスから美人と呼ばれるまでにがんばった美容やダイエットのこと、仕事や恋愛・結婚観について情報発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。